トップ / 手形割引が不渡りになる

手形割引が不渡りになる

手形割引の基礎知識

マンション経営

手形割引の小口取引先分散

中小企業経営者が金融機関等に手形割引を申し込む場合、ほとんどが手形振出人の信用力に依存していると言わざるを得ません。しかし、どんな一流企業でも倒産する可能性は無きにしも非ず。手形額面(金額)が大きいとそれだけリスクも大きいのです。最近は金融機関等も大口取引先1社より、金額は小さくても小口取引先が数社と分散している企業のほうがリスクが低いとみる傾向になってきています。どんな取引先があるのかを含め、事業性評価にもつながるため、手形は大口1枚(1社)より、小口数社で申し込む方が審査が通りやすいです。

↑PAGE TOP

© Copyright 経営のスタートダッシュ. All rights reserved.